利用業者選択に際して

みなさんが現在事業所を構えておられる、あるいは今後進出を計画中の地域をテリトリーとする、コピー機リースサービスを主業務とする専門業者は少なくありません。これらの中から、果たしてどのサービスを活用するのがベストなのか、俄には判断に窮されても不思議ではありません。

業者利用業者選択に際しては、単純により料金負担が軽い、すなわち安価での利用を第一のメリット捉える選択法が真っ先に思い浮かびますが、こちらは全ての場面で最適とは限りません。シンプルに書類などをコピーする程度の使用スタイルであれば、必要最低限の機能を備えた機種をより安価で調達すれば、満たすべき条件は一応クリアです。ですが時により細かく鮮明な画質が求められる、極端に使用頻度が高くなるなどの場合、費用面の上限を先に定めた範疇内で機種が選択できずに、結果利用者のニーズに十分対応出来ない可能性が膨らみます

またあくまで感覚的な部分ですが、相手業者や担当者との相性も無視出来ません。中長期的なリース契約から、よりスムーズにコピー機を使い続け、必要に応じてのメンテナンスや耳寄りな情報を届けてもらうには、相手先との相互信頼関係と円滑な意思疎通が欠かせません。幾つかの候補先からの絞り込み作業に際し、こうした部分も加味しての検討も見過ごせません。

<関連記事>

リースという選択肢

今日全国各地の幅広いジャンルの事務所や店舗や作業場では、リースサービスを活用からコピー機を確保から活用されています。例えばレンタカーの利用を重ね合わせると、よりイメージが掴みやすいかと思われます。購入ではありませんので、コピー機自体の所有権は無く、あくまで「借りている」状態ながら、購入した機器と同様に、必要に応じての利用が可能です。

リース会社リース会社と契約を交わし、希望する機種が搬入され、月々のリース料を支払う事で、契約期間満了までの間の継続利用が叶います。リース会社からは定期的にカウンターチェックやトナーの補充など、使用状況の確認とメンテナンスに担当者が訪れます。こうした使用状況がどのようにリース料金に反映するかは、メーカーやリース業者毎に違いが見られる場合も多く、事前確認が大切です。

契約期間が修了する時期には、多くの場合その時点で貸与されている機種は、既に旧型となっているケースも多く、機種を変更してリース契約を再締結する、あるいは自動更新的に同一機種を使用し続けるなど、選択肢が準備されています。一括購入となると相応の先行投資が不可欠ですが、リースであれば月々の分割使用料での使い続けられ、初期投資の抑制効果が得られる上、先述の通り業者との定期的な意思疎通環境が確保されるなど、幾つかの見過ごせぬメリットも魅力です。

<関連記事>

必要不可欠なコピー機

コピー機オフィスもしくは事務所と耳にして思い浮かべる風景の中に、必ず存在するのがコピー機です。どれだけインターネット社会だと声を大にしようとも、私達の実社会は三次元の世界に存在しており、重要な書類の複写から保存、あるいは大量にプリントアウトからの配布もしくは送付作業が欠かせません。そんなコピー機も普及当初と比較すれば、各段以上の進化を見せ続けており、数十年前当時を記憶の方々からすれば、当時のそれらの良く言えばシンプル、辛口に言うなれば稚拙な機能も懐かしい事でしょう。モノクロでのプリントアウトしか対応出来ず、1枚印刷する度に、最近の洗濯機以上の振動と作動音が事務所内に響き渡った、そんな黎明期のコピー機も、当時としては画期的な最新アイテムでした。

コピー機の確保に際しては、勿論購入からの設置が手っ取り早い方法ですが、もう1つの選択肢として、リースサービスの活用が見過ごせません。実際に多くのオフィスではこのスタイルで機材を確保から、契約更新に絡めて最新機種へと変更を重ねておられ、そこには数々のメリットが確認されます。ここではコピー機の確保に際し、リースサービスの利用を視野に入れておられる方々に向け、そのメリットや利用する業者の選択に際し、押さえておくべきポイントなどをご紹介申し上げます。総じて基礎的な内容が中心になるかと思いますが、他のオフィス機器の調達に際しても、同様に活かしていただけるお話をお届けしますので、ぜひご一読ください。

<関連記事>