リースという選択肢

今日全国各地の幅広いジャンルの事務所や店舗や作業場では、リースサービスを活用からコピー機を確保から活用されています。例えばレンタカーの利用を重ね合わせると、よりイメージが掴みやすいかと思われます。購入ではありませんので、コピー機自体の所有権は無く、あくまで「借りている」状態ながら、購入した機器と同様に、必要に応じての利用が可能です。

リース会社リース会社と契約を交わし、希望する機種が搬入され、月々のリース料を支払う事で、契約期間満了までの間の継続利用が叶います。リース会社からは定期的にカウンターチェックやトナーの補充など、使用状況の確認とメンテナンスに担当者が訪れます。こうした使用状況がどのようにリース料金に反映するかは、メーカーやリース業者毎に違いが見られる場合も多く、事前確認が大切です。

契約期間が修了する時期には、多くの場合その時点で貸与されている機種は、既に旧型となっているケースも多く、機種を変更してリース契約を再締結する、あるいは自動更新的に同一機種を使用し続けるなど、選択肢が準備されています。一括購入となると相応の先行投資が不可欠ですが、リースであれば月々の分割使用料での使い続けられ、初期投資の抑制効果が得られる上、先述の通り業者との定期的な意思疎通環境が確保されるなど、幾つかの見過ごせぬメリットも魅力です。

<関連記事>