利用業者選択に際して

みなさんが現在事業所を構えておられる、あるいは今後進出を計画中の地域をテリトリーとする、コピー機リースサービスを主業務とする専門業者は少なくありません。これらの中から、果たしてどのサービスを活用するのがベストなのか、俄には判断に窮されても不思議ではありません。

業者利用業者選択に際しては、単純により料金負担が軽い、すなわち安価での利用を第一のメリット捉える選択法が真っ先に思い浮かびますが、こちらは全ての場面で最適とは限りません。シンプルに書類などをコピーする程度の使用スタイルであれば、必要最低限の機能を備えた機種をより安価で調達すれば、満たすべき条件は一応クリアです。ですが時により細かく鮮明な画質が求められる、極端に使用頻度が高くなるなどの場合、費用面の上限を先に定めた範疇内で機種が選択できずに、結果利用者のニーズに十分対応出来ない可能性が膨らみます

またあくまで感覚的な部分ですが、相手業者や担当者との相性も無視出来ません。中長期的なリース契約から、よりスムーズにコピー機を使い続け、必要に応じてのメンテナンスや耳寄りな情報を届けてもらうには、相手先との相互信頼関係と円滑な意思疎通が欠かせません。幾つかの候補先からの絞り込み作業に際し、こうした部分も加味しての検討も見過ごせません。

<関連記事>